初代ロードスターの開発で乗り上げたいくつかの暗礁とは?【マツダのレジェンドに学ぶ・第3回】

「クルマ塾」ふたりめのトークは、マツダデザインの責任者を長らくつとめた福田成徳さんの登場です。

学生時代の仲間がトヨタや日産を志望するなか、ロータリーに惚れ込んだ福田さんは東洋工業(現マツダ)一択。面接の担当者は、きしくも山本健一さんだったそうです。直接「ロータリーエンジンのクルマをデザインしたいんです!」と猛アピールしてから幾星霜、関連会社も含めると47年以上もお世話になったそうです。

社長や副社長が気軽にデザイン室に顔をのぞかせるような、中小企業的な風通しのいいところがあったといいます。

あるとき、ファミリアのクーペ版を思いつき、壁に自分の空想のスケッチを貼っていたところ、それが上司の目にとまり、2年後くらいに量産が始まったというフットワークの軽さも思い出に残っているとのことです。

カリフォルニアにいた時代は「マツダは小さな会社なので、自動車デザインだけに凝り固まっていてはいけない」と思い、「ロマンチック・エンジニアリング」という感性に訴える思想を提案しました。

エンドユーザーの皆さんが「これいいね!」と感じてもらえる、時代の要求するココロをカタチにしていく「ときめきのデザイン」を当時から心がけていたそうです。

『マツダ』の最新記事

クルマの動きを掴みやすく滑らかな運転を可能にさせるシートとは?【マツダ雪上試乗会・その2】
新型マツダ3は基礎の基礎から開発されている? ボディの安定性へのこだわりとは?【マツダ雪上試乗会・その1】
【ジュネーブモーターショー2019】マツダの新SUV「CX-30」はどう読む? シーエックス“サンマル”、それとも?
今年夏から世界で順次発売される新型マツダ・CX-30とはどんなSUV?【ジュネーブモーターショー2019】
なんと「CX-3」と併売? マツダの次世代SUV「CX-30」【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事