HKSスーパーソアラ「C240」の高速極限耐久をテストしたドライバー3名のインプレッションとは? その2【OPTION 1984年12月号より】

谷田部の高速周回路をテストコースに、HKSのスーパーソアラ「C240」が挑んだ高速極限耐久。トータルチューニングがその要なのは当然ですが、テストをするドライバーがいないとできない挑戦です。今回のその2では、そんな過酷なテストに挑んだドライバー3名の声をプレイバックです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OPT独占レポート 高速極限耐久に挑む!
HKSニューコンセプトカー スーパーソアラC240

強烈なハロゲンランプが未明の谷田部テストコースを切り裂く!
AM5:07、大きな期待を担ってC240がスタートを切った。低く抑えられたエキゾーストノートが静寂の闇に長く尾を引いていく。走行ラップアベレージ240km/h台、ストレート計測部分は250km/h以上を目指すのだ。

250km/hで突っ込むバンク…一瞬、視界があおられたかと思うと、次の瞬間、縦Gで異常にヘルメットが重くなる。身体も押し縮められたフィーリングだ。過酷なのはマシンである。サスペンションがGをこらえてグッと沈み込み、マシンは路面の継ぎ目でドン、ドンと苦しげに身震いする。このバンクに押し付けられるGストレスは、一般路では決して現出しないものだ。

1ラップならまだしも、何10ラップも周回を重ねるのである。ミッション、デフ、とりわけタイヤの耐久性が心配になるのも当然だ。耐久限界チャレンジ…それは、1ラップ勝負の最高速トライアルよりはるかに過激な一面を持つ。250km/hで壊れるまで走れ!というのだから。

『Play Back The OPTION』の最新記事

実は突貫仕様だった!? OPT300ZX耐久レース仕様を詳しく見てみると……その8【OPTION 1985年7月号より】
OPT300ZX耐久レース仕様の「遅さの秘密」を探ってみた・その7【OPTION 1985年7月号より】
祝・OPT300ZX耐久レース初参戦!! さて、その結果は?・その6【OPTION 1985年7月号より】
敵地視察!? OPT300ZXと一緒に「走らせられる」レーサーたちの声とは?・その5【OPTION 1985年6月号より】
レース仕様決定! NISMOもパートナーになった! OPT300ZX耐久レース参戦記・その4【OPTION 1985年5月号より】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事