我が子のおかげで、ホップアップルーフの魅力に目覚めました!【グータラ親父のオートキャンプ記・その1】

いよいよ、アウトドアのシーズン到来です。最近ではキャンパー仕様のクルマが人気ですが、実のところなかなか購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

筆者も全く買う気はなかったのですが、とあるきっかけからポップアップルーフ仕様の初代ステップワゴン・フィールドデッキを購入し、約17年間ファミリー・オートキャンプをエンジョイしてきました。

そこでここでは、筆者の利用者としての様々な経験を、何回かに分けて紹介していきたいと思います。第1回の今回は、どうして購入する気になったのか、そのきっかけの様子をお伝えします。

話は2000年の春に遡ります。当時我が家は、かみさんと5歳の長男、そして1歳の次男の4人家族。新車で買った初代CR-Vを保有しており、2回目の車検を取って乗り続けるつもりでした。そんな折、たまたま通りかかったマツダ系中古車販売店を見て長男が「あー、ステップワゴンのやねぱかだー」と叫んだのです。

「えーっ?屋根がパカっ開いてテントになるのはボンゴフレンディだよ。ステップワゴンじゃないよ。」と私。「違うもん、ボンゴフレンディもあったけどステップワゴンもあったもん、絶対あったもん!」と断固譲らない長男。そこでUターンして見に行くと、その中古車販売店には、確かにボンゴフレンディ・オートフリートップと、テントユニットを頭に載せたステップワゴン・フィールドデッキが並んで展示されていたのでした。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事