【新車】トヨタ・アクアがマイナーチェンジ。歩行者検知の自動ブレーキを採用

日産・ノートとコンパクトカーカテゴリーにおいて販売数を争っているトヨタ・アクアが先進安全性能をアップデートしました。

2018年4月3日に実施されたマイナーチェンジ版の特徴は、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」の採用です。昼間の歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」にアップデートしています。さらにペダル踏み間違え事故に対応した安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を新たにオプション設定されたのも見逃せません。

「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー」を装着することで、「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)ワイド」相当の安全性能を実現します。

ボディカラーでは新設定色ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全14色としています。外板色と異なるカラーパーツを組み合わせたFLEX TONE4色についても色の組み合わせを一新するとともに、ベーシックグレード以外では選択できるようになりました。

メーカー希望小売価格は、178万5240円~207万9000円。SUVテイストの「クロスオーバー」グレードも健在です。

(山本晋也)