メーカーの担当者を直撃!SUBARUの人気イベント「ゲレンデタクシー」が愛される理由とは?

SUBARUは、今年も「SUBARUゲレンデタクシー」を全国4カ所のスキー場で開催し、大盛況のうちにすべての会場のイベントを終了しました。

今年で5周年を迎えたゲレンデタクシーは、クリッカー読者の皆様ならご存知かと思いますが、主な内容はスキーヤーやスノーボーダーをリフトの替わりにスバルのSUVで頂上まで運ぶ体験型イベントです。

実際にゲレンデタクシーのステアリングを握るのは全日本ラリー選手権に参戦中の新井 敏弘選手や鎌田卓麻選手といった国内トップレベルのドライバーをはじめとしたプロドライバー。SUBARUの高い走破性とプロドライバーによる非日常的な走りを体験できる「エンターテイメント型体感試乗」という部分が人気の秘密となっています。

実際、毎年ゲレンデタクシーの取材を続ける筆者ですが、会場と試乗するモデルは変われど、主な内容はこれまで変更されることはありませんでしたが、それでも「今年もゲレタク行くぞ!」という声や「今日はフォレスターとXVに乗った!目指せ!全車種制覇!」といったSNSへの書き込みを見かけるほどリピート率も高い。実際に会場でも「今日は5回乗りました!」といった声が聞かれるほど、その魅力は試乗した人を虜にしています。

やはり、ゲレンデという急斜面を、スタッドレスタイヤだけで市販車が登って行くという非日常、普通に街中を走っているSUVでも競技車両のような走りを提供してくれるところに惹かれている人が多いようです。

もちろん、筆者をはじめ、ウインタースポーツを趣味とされる方は、古くからSUBARUを愛用している人が多く、スキー場の駐車場ではSUBARU車の多さに驚かされます。

しかもSUVやステーションワゴンモデルだけでなく、WRX STIをはじめとしたスポーツモデルも数多く止まっていることも特徴的です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事