スバルの本社ショールームがゲレンデに?ゲレンデタクシーをVRで疑似体験!

そんなゲレンデタクシーのVRを、苗場のゲレンデタクシー会場にて先行で体験してきました。

この半球のような仕掛けがVRシステム。VRといえばシンプルなものだとスコープを覗くだけなのですが、こちらはヘッドホンをして音が聞こえてくるので臨場感もアップ。

さらに、ボール状のカプセルは左右に回転するように作られているので横を見る(向く)ときの動きが自然。そのうえ、ボディソニックとしてカプセル内部が振動する仕掛けまで盛り込まれているから、臨場感といったらまるで実車に乗っているかのよう(←やや誇張気味)。

 

いずれにせよ、バーチャルで寒い思いもせず、スキー場までいかなくてもゲレンデタクシーを疑似体験できるのだから、ゲレタク未体験のスバリストは試してみない理由はありませんよね。

ちなみにVR体験できるゲレンデタクシーは2018年2月の安比高原での様子を収録したもので、リフトから俯瞰で見たりと通常の乗車では見られないビューもあって、実際にゲレンデタクシーを体験した人も見る価値ありですよ。

ただし、クルマ酔い(というかVR酔い)だけは要注意です。臨場感が高いだけに。

(工藤貴宏)

『SUBARU』の最新記事
冬の名物・SUBARUゲレンデタクシー2020の会場で「SUBARU冬のオフ会」が開催中!
STIパフォーマンスパーツを採用たインプレッサ スポーツに試乗。その仕上がりは?
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事