先にレクサスで出しても良かった!? 新型プリウスPHVの上質なEV走行!【等身大インプレ・その1】

第11弾となる等身大インプレには、新型プリウスPHVを選びました。

EV化が世界的なトレンドですし、以前試乗した新型C-HRと同様に、メーカー系レンタカー店がラインアップしていたのでエントリーした次第。先代プリウスPHVと比べ新型では、EVと走行性能の大幅な向上が売りですから、今回の試乗ではEV走行を中心に紹介したいと思います。

レンタカー店に用意されていた白い新型プリウスPHVは、燃料電池車ミライ譲りの8連LEDヘッドライトが精悍。最新プラットフォーム「TNGA」が高いボディ剛性を実現しており、フロントドアの「ドン」という閉まり具合からも伺い知ることができます。インパネには、ボディ同色のホワイトパネルと超大型ディスプレイを採用して、華やかさと先進性を両立しています。

リアシートは2人掛けと割り切り、専用のひじ掛け等で上質な空間を演出。荷室は、床下に設置した大型駆動用バッテリーのために床面が底上げされており、EV性能とトレードオフの関係が見て取れます。

新型プリウスPHVの充電方法は、AC100Vと200V、急速充電の3通りが可能。急速充電なら約20分で約80%の充電が可能なので、今回はEV走行のポテンシャルを試すべく、急速充電設備を備えるイオンモールの多い千葉方面に出掛けることにしました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事