【大阪オートメッセ2018】TRDブースではマイチェン後モデル用パーツを装着した「ALPHARD TRD」が初公開中!

大阪オートメッセ2018のTRD(トヨタテクノクラフト)のブースでは、東京オートサロンで実車を見ることのできなかったアルファードのTRDパーツ装着車両を出展しています。

今回、大阪オートメッセ2018では、TRDのカスタマイズ車両3台を出展しています。「CROWN CONCEPT TRD」と「VELLFIRE TRD」の2台はすでに東京オートサロンで一般公開されていますが、マイナーチェンジを受けて、2017年末に発表されたマイナーチェンジ後モデル用TRDパーツを装着した「ALPHARD TRD」が一般初公開となりました。

展示車両は「フロントスポイラー(塗装済/税別10万円)」、サイドスカート(塗装済/税別8万5000円)、「リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー(塗装済/税別21万円)」を装着し、19インチアルミ「TRD TF5」(タイヤセット税別41万2000円)を履いています。

 

ヴェルファイアと並んで展示されており、両者のカスタムの違いも堪能できますね。

(青山義明)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事