ボルボ・V60次期型プロトタイプを初激写!最強「T8」搭載へ

ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。2010年に初代となる現行モデルが登場しており、これが第2世代となります。

寒さがピークを迎えているスカンジナビアに現れた開発車両には、ボルボならではの〝スイスチーズ〟のようなカモフラージュが見て取れます。その下には、「雷神」T字型ポジションライトを備える厚みを持った新ヘッドライトが見えます。

ディテールは不明ですが、プラットフォームは「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を導入し、ホイールベースの延長と軽量化を実現、パフォーマンスも大きく向上するはずです。

テスト車両で注目したいのは、左側面フェンダーに見える給油口のような擬装。右にはガソリン給油口があるため、PHEV充電ポートであると思われます。

次期型パワートレインは、2リットル直列4気筒ターボの「D4」ユニットを始め、2リットル直列4気筒エンジン+直噴ターボ「T5」ユニットのアップデート版のほか、全ての「90」シリーズに搭載される「T8」がラインアップされるのは確実でしょう。2リットル直列4気筒エンジン+直噴ターボ+スーパーチャージャー+電気モーターというてんこ盛り最強ユニットで、最高出力は400ps、最大トルク640Nmを誇ります。

ワールドプレミアは早くても2018年秋以降、2019年3月までずれ込む可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ
MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事