【新車】ルノー・スポールの手によるホットハッチ「ルノー トゥインゴGT」のカタログモデルが登場

2017年9月に先行発売された200台限定の「トゥインゴGT」に続き、カタログ仕様が登場しました。200台限定車は5MTのみで、224万円という価格でした。ルーフにもデカールが配されていました。

カタログ仕様のルノー トゥインゴGTは、5MTに加えて、デュアルクラッチトランスミッションの6速EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)を用意。価格はMTが229万円、EDCが239万円となっています。

限定車のMTと比べると、カタログ仕様は5万円高となっていて、しかもルーフのデカールがなくなっていますから、割高に感じるかもしれません。なお、ボディカラーは、限定車と同じ「オランジュ ブレイズ メタリック」に加えて、「グリ リネュール メタリック」も設定。また、荷室のトノカバーの素材も限定車から変更されています。

この点については、限定車は価格的に相当頑張ったそうで、また各インポーターが原材料費の高騰を理由に値上げしていますが、そこには円安・ユーロ高という事情もあるはず。ルノー トゥインゴGTのカタログ仕様もそうした事情が反映されているとのこと。

詳しい試乗記については、別の機会に譲りますが、5MT、EDC仕様ともに「ECO」モードをオフにすれば、かなり元気な走りを披露してくれます。5MTのシフト操作など、MTならではの楽しさは言うまでもなく、MTベースらしさを存分に残しているEDCの仕上がりも想像以上に高く、AT限定免許の方でもトゥインゴGTの小気味よい走りを堪能できるはずです。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】ルノー「トゥインゴGT」ファン待望のマニュアル車を価格224万円、200台限定で先行販売
https://clicccar.com/2017/09/29/515934/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。