時代は「X」を求めている!? 最新の「X」、「BMW X2」登場!

昨年、「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「ボルボXC60」。その後、「XC60」は「2018北米SUVオブ・ザ・イヤー」も受賞し、デザインと安全性能の高さから世界各国で高い評価を受けています。

また、マツダの7人乗りフラッグシップSUVとして注目されている「CX-8」は、発売から1か月で月販目標台数のおよそ10倍、1万2000台を超す受注を受けているとのこと。「CX-8」の試乗会の時、「マツダにしては強気の値段設定にしてしまって心配」との声が関係者内から聞かれましたが、そんな心配は無用だったかもしれません。

車名も「CX」と「XC」と似ていて紛らわしいのですが、どちらもSUV。

ちなみに「X」がついているクルマと言えば、日産の「エクストレイル」もありますが、先ごろデトロイトモーターショーで次期型エクストレイルでは?と噂されるコンセプトモデル「Xmotion(エクスモーション)」が公開されています。

ちなみにこれらの共通点はすべて「X」。おそらくこれらの名前の由来は「日産エクストレイル」が若者に人気のスポーツ「Extreme(エクストリーム) 」に由来するように、「X」にはアクティブ感があるということもあるのかおしれません。

そしてまさにその「X」の名前がついている「BMW X」に新しいラインアップが加わりました。

「BMW X2」。BMWの最もコンパクトサイズ「X1」の派生版で、クーペライクでちょっと質感が高くなったバージョン。そしてこれまでより若者や広い層を狙ったターゲットは、去年、アウディから登場した「Q2」とまさにガチンコのコンセプト。

日本での発売は今年5月頃、欧州での発売は今年3月を予定していて、試乗記に関しては2月5日0時01分解禁までお預けですが、その前に前夜のプレゼンテーションの様子をご紹介します。

国際試乗会の舞台は、ポルトガルの首都、リスボン。この地を選んだのは、活気があってしかも歴史があること。さらに欧州の中でもこの時期、温暖で天気も安定しているということもあるようです。

宿泊しているホテルから会場までは、貸し切りのトラム。着いた先はリスボンにある大きな川、テージョ川にかかるデ・アブリル橋近くにある「アンダーグラウンドヴィレッジ」。

到着すると出迎えてくれたのは、ライトアップされた2台の「X2 M Sport」と大音量の音楽。そして、DJブースとなっているコンテナの上に黄色ベースの迷彩柄「X2 M DIGTAL CAMO」などが、「X2」の世界観を表現しています。

そこに透明のドームを作ってのプレゼンテーション&食事。

私は、あることを思い出しました。そういえば約1年前に、アウディのコンパクトSUV、新型「Q2」の国際試乗会でもスイス・チューリッヒで同様に宿泊ホテルからトラムを貸し切って連れていくという演出でした。

ちなみにアウディはその後はレセプションパーティのみでお洒落なレストランで食事。翌日は飛行機の格納庫の跡地が出発地でしたが、やはり若年層を意識したような演出で、こういった部分からも同じような世界観を持つクルマということが伺えます。

今年はこの後、ボルボからも「XC40 」というコンパクトSUVが発売予定ですし、「X」ブーム、コンパクトSUVブームの予感がします。

(吉田由美)

『吉田由美のすべてのすべて』の最新記事

斬新にし過ぎないことが斬新? もうすぐ日本発売の「BMW X2」はなぜ日本はガソリンエンジンのみの導入なのか!?
世界最高級車7500万円の「ロールスロイス ファントム」の後席でなんちゃってセレブ体験
スタッドレスタイヤ「YOKOHAMAアイスガード6」に、カリフォルニアの山火事が与える影響とは?
日産リーフに雪上&氷上で試乗。もう一つの主役はブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック」
自動車業界トップが集まる新年会に潜入して気付いた、もうひとつの「いつかはクラウン」

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事