直6+モーターのエントリーモデル? メルセデスAMG GT 4ドアの新たな開発車両

メルセデス・ベンツのフラッグシップ・サルーン「AMG GT」の4ドアモデル開発車両が、寒冷気候テストを開始しました。

これまで目撃したプロトタイプのようですが、実は新たに設定されると見られるエントリーモデルである可能性が高いようです。

捉えたプロトタイプをよく見ると、小型円形のクワッドエキゾーストパイプが装着されています。フラッグシップモデルには、大型スクエア型が装着されるはずなので、小排気量モデルと考えられるでしょう。これまでエントリーモデルには、『AMG E63』から流用される4リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載と予想されていましたが、最新レポートによれば、直列6気筒+電気モーターの「EQパワー+」が搭載され、最高出力は400ps程度を発揮する可能性があるようです。

そしてハイエンドモデルには、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンに「EQ パワー+」を組み合わせたハイブリッドが搭載され、最高出力は800psとされています。また0-100km/h加速は2.8秒で駆け抜け、電気のみ走行の航続距離は31マイル(49.6km)という最新情報も入手しました。

この「AMG GT」4ドア版の正式名称は未だ確認出来ていませんが、2017年3月のジュネーブモーターショーで公開された『AMG GTコンセプト』の意匠を継承するラグジュアリーな4ドアクーペで、ライバルをポルシェ『パナメーラ』、BMW『6シリーズ グランクーペ』、アウディ『S7/RS7』らをターゲットとしていることは間違いありません。

市販型のワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが最有力です。

(APOLLO)