【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン

1月12日(金)~14日(日)に幕張メッセで「東京オートサロン2018」が行われました。

オートサロンは世界最大級のカスタムカーイベント。会場には自動車メーカーやタイヤメーカーをはじめ、様々なカスタムパーツの展示販売も行われており、モータースポーツファンにとっては「少しジャンルが違うかな」と思いがちですが、モータースポーツ関連のブースもたくさんありました!

SUPER GTブースではLEXUS LC500、HONDA NSX CONCEPT-GT、NISSAN GT-R NISMO GT500がどどーんと並んでいました。SUPER GTマシンは近くで見れば見る程、迫力があってかっこいい! 今シーズンは2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン選手がHONDA TEAM KUNIMITSUからフル参戦しますし、ますますSUPER GTの人気が出そうな予感です。


 

無限ブースでは、スーパーフォーミュラTEAM MUGEN SF14カットモデルコクピット体験や、電動レーシングバイク「神電 四」のライディング体験、SUPER GT TEAM MUGEN MOTUL MUGEN NSX-GTキッズコクピット体験などドライバー、ライダーになりきれる面白いコーナーがたくさんありました。

神電 四ライディング体験は目の前の巨大スクリーンにコースの映像が流れるのですが、映像に合わせてバイクを傾けることもでき、本当に運転しているみたい! こちらは大人気で、長蛇の列ができていました。


トヨタブースは2017年WEC(世界耐久選手権)参戦モデルTS050 HYBRIDと2017年WRC(世界ラリー選手権)参戦モデル ヤリスWRCレプリカを展示。ブース内にはオフィシャルショップもありましたよ。

2019年WRC日本ラウンド召致準備委員会設立発表会が行われたWRCブースでは巨大なメッセージボードが立てられ、WRCへの想いを書き込めるようになっていました。「このために、国際ライセンス取りました」「生の走りが見たいです!日本にきたら絶対観戦するぞー!」「トヨタ優勝、見に行くぞ!」とファンの熱いメッセージがたくさん記入されており、WRC日本ラウンド開催への期待がヒシヒシと伝わってきました。

メルセデス・ベンツ日本株式会社ブースには、F1 2017年シーズンのドライバーズ・チャンピオン、ルイス・ハミルトン選手の大きな写真があり、F1大好きな私は大興奮! 更にブース内のオフィシャルショップにはハミルトン選手がグランプリごとにデザインしたキャップが売られていて、危うくお財布に手を伸ばすところでした。

ハミルトン選手の写真があるということは、F1マシンもあるかな? と期待してブース内を探してみたのですが、残念ながら見つからず(涙)。様々なレーシングマシンを見る事ができましたが、個人的にはF1マシンが一台もなかったことが少し寂しかったです。次回のオートサロンではF1マシンが展示されることを、切に願います!

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事