【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

富士スピードウェイは、ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦「富士SUPER TEC 24時間レース」の概要を東京オートサロン2018で発表しました。開催日程は2018年5月31日(木)~6月3日(日)の4日間となります。

2017年の9月1日に計画を発表した富士SUPER TEC 24時間レースですが、今回の東京オートサロン2018において正式に開催を発表できるというのは異例のスピードといえます。

開催決定には周辺自治体の協力も必要となるだけに、地元での期待も大きいのかもしれません。そんな期待の現われが昨年12月に富士スピードウェイのある静岡県小山町の旗振りで設立された「小山町モータースポーツ協力会」。この協力会は地元行政、近隣代表、周辺企業が参加し、この24時間レースを町ぐるみでバックアップするものです。

スーパー耐久といえばFIA-GT3からデミオやフィットなどのコンパクトカーまでの様々な車種が一斉に走るという耐久レースで、富士スピードウェイでは2009年からシリーズ最長時間のレースを開催。2017年では10時間レースを開催しています。

そんな富士スピードウェイが満を持しての24時間レース開催は内外から大きな注目を集めています。

【大会概要】
・大会名称
ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦「富士SUPER TEC 24時間レース」
・主催
富士スピードウェイ株式会社、FISCOクラブ
・スケジュール
5月31日(木)専有走行、夜間練習走行
6月1日(金) フリー走行、予選
6月2日(土) 15:00スタート
6月3日(日) 15:00ゴール
・決勝出走台数
最大70台(JAFによる特別認可を申請中)
・参戦ドライバー登録人数
3~6名
・公式テスト日程
3月3日(土)・5月8日(火) 両日ともナイトセッション(夜間練習走行21:00まで)を実施

24時間レースとなれば、それだけに参加したいというスポット参戦のチームも少なからず存在するでしょう。そんなチームへの対応も含めて参加台数は70台を予定。主要な自動車レースとしては明らかに最多の出場台数となります。

レース時間も参加台数も最多最長となる富士SUPER TEC 24時間レース。数々のドラマが生み出されることとなるでしょう。

(写真・文:松永和浩)

『東京オートサロン2018』の最新記事
セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事