【東京オートサロン2018】ペリペリはがせる塗装でホイール塗り替えも簡単!3分で分かるTAS・アイテム編:ティーエスエム

出展している自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介。時間のない人、気の短い人に最適!?

東京オートサロンの楽しみ方は、大手のメーカーやチューニングカーだけじゃない、宝探しの様な要素も含んでいます。今回、紹介するのは、塗ってはがせるスプレーを商品化している株式会社ティーエスエムのブースです。

ラッピングとは異なり、液体のスプレーで塗装をするため、ホイールやボディのバンパー、バイクのボディのような曲面が入りくんでいるパーツであっても、簡単に塗ることができます。

ブースの壁には、サンプルのホイールや、グリルのメッキパーツが展示されており、はがし途中の塗装サンプルもありました。厚みのあるフィルムのように固まった塗装が、ぺりぺりとはがされています。カラーは12色と非常に豊富。艶ありと艶なしのカラーと、クリアー塗装もありこちらはボディコーティング剤にもなります。

気になるのが塗装の耐久性。紫外線や雨にさらされると、ほんの数週間で剥がれてしまうのでは?スタッフへ聞いてみました。

塗装をしたフィルムの耐久性は約1年間。レース車両のホイールなど、特に高温になる使用環境では短くなることはあるが、耐熱性能も100度まで確認済みであり、まったく問題ない、とのこと。

塗装方法は素人でも簡単。塗る部品へのマスキングと脱脂をしたうえで、2度以上に分けて塗装を塗り重ねることで、コーティングの層が形成されていき、頑丈な被膜が作られます。頑丈ではありますが、簡単に剥がすこともでき、元に戻すことも容易です。

ちなみにこの商品、JAPAN DIY ホームセンター商品コンテストの新商品部門 会長賞も受賞しているとのこと。油性の液体ラバースプレーは1本2,980円、環境対応も考慮した水性の液体フィルムスプレーは1本3,680円で発売中とのことです。目安はスプレー1本でホイール2本を塗ることができます。

愛車のホイルを艶消しブラックで気軽に塗ってみたいな、と思ったのは筆者だけではないはず。

まだまだ発掘されていないアイテムがあるはず。ぜひオートサロン会場内を探検してみてはいかがでしょうか。

(文/写真:吉川賢一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事