【東京オートサロン2018】「道は星に聞く」のCMはもう四半世紀前だったことを思い出したパイオニアのブース

「道は星に聞く」。そんな名キャッチフレーズを知っているのは、きっとボクと同世代以上でしょうね。

フェラーリの若手ドライバーでまだゴクミと結婚する前だったジャン・アレジがフェラーリ・テスタロッサに乗って京都の街をドライブ。そこには世界初の市販GPSカーナビが搭載されていて、「京都の人より京都の道を知っている」という言葉もカーナビという未知の商品をよく表現できていたなあ。

東京オートサロン2018のパイオニアブースには、そのCMとともに市場へリリースされた世界初の市販GPSナビ「AVIC-1」が展示されていました。恥ずかしながら、本物を見るのは初めてのような気ががしたりもして。

AVIC-1の発売は1990年だったので、もう四半世紀以上たつのですね。

深夜のF1中継を見ていた、当時まだ中学生だったボク。あのCMはF1中継の時によく流れていて、眠い目をこすりながら見たインパクトの強いCMでした。

すっかり大人になった今、パイオニアブースで懐かしい名機を見ていたら、中学生だった当時のことがフラッシュバックしてきてノスタルジィに浸ってしまいました。まさか東京オートサロンでそんな状況になるとはね(笑)

(工藤貴宏@この記事を書くにあたってyoutoubeで当時の映像を見たら、ナレーションはクリス・ペプラーだったことにちょっと驚き)

『パイオニア』の最新記事

【いまどきの市販カーナビ選びの極意】最上級ナビがスマホ連動で”今までにない使い方”を可能に! カロッツェリア・サイバーナビ10V型「AVIC-CE902SE」(PR)
【いまどきの市販カーナビ選びの極意】見やすい! 使いやすい! 高性能と3拍子が揃ったカロッツェリア・楽ナビ9V型「AVIC-RQ902」(PR)
【いまどきの市販カーナビ選びの極意】スマートフォンに触れずにアプリを操作できる新世代メインユニットという選択肢「カロッツェリア MVH-7500SC」(PR)
電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表
スマートフォンとのリンクを強化。パイオニアから「スマートフォンリンク」対応モデルなどのメインユニットが発売

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事