【東京オートサロン2018】空気入りタイヤの発明から130年。その始祖であるダンロップがエアレスタイヤを展示

ダンロップの創業者のジョン・ボイド・ダンロップが空気入りタイヤを発明してからちょうど130年となる今年、東京オートサロン2018のブースにはダンロップが開発した空気を使わないエアレスタイヤが展示されました。

じつはこのタイヤ、昨年の東京モーターショーにも展示されているのですが、記念すべき年に再び展示したということに、つねに挑戦を続けるダンロップの姿勢のようなものが見え隠れします。

ブースに展示されているクルマは2台。いずれもレーシングカーで、2017年のスーパーGTのGT500クラスで優勝した中嶋レーシングの「Epson Modulo NSX-GT」と、2001年のル・マン24時間レースで3位入賞したベントレー・スピード8です。

ダンロップは静粛性を向上するために特殊吸音スポンジをトレッド内側に貼り付けるなど、さまざまな新しい発想を盛り込んでタイヤ造りに励んでいます。今回の東京オートサロンでは各種のタイヤを数多くを展示しました。

(諸星陽一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事