【東京オートサロン2018】ハイブリッドレーシングカーTS050をベースとした「GRスーパースポーツコンセプト」を発表!

GRスーパースポーツコンセプトのアンヴェールに続いて、2018年ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦車両と参戦チーム体制が発表されました。

ニュルブルクリンク24時間レースは世界一過酷なコースと言われるドイツ中部のニュルブルクリンクで毎年開催されるレースで、トヨタは2007年より参戦しています。第46回となる2018年は5月12~13日に決勝レースが行われます。

2018年は新規車両となるレクサスLC1台でSP-PROクラスに参戦予定。ドライバーは土屋武士をリーダーとして、松井孝充、蒲生尚弥、中山雄一。チームメカニックとエンジニア・リーダーにトヨタ自動車の社員である関谷利之、尾形和良という布陣で臨みます。

トヨタ社員のメカニック、エンジニアの手でレースカーに仕立て、将来のスポーツカーなどの市販車に活かすための技術を先行投入し、「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じ、「もっといいクルマづくり」を追求します。と友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントは語りました。

(萩原文博)

 

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事