【東京オートサロン2018】 プレミアムにこだわった「セレナAUTECH」は青いブランドロゴマークにも注目せよ!

とくに目立つのはメタリックシルバーの専用パーツが多用されたエクステリアで、フロントグリル、フロントエアロバンパー、フロントプロテクター、またサイドシルプロテクター、リヤバンパー、リヤプロテクターなどがメタル調フィニッシュ仕上げになっています。


また、ショーに展示されている車両がプロトタイプのため確認はできませんでしたがシートはクリスタルスエード仕様のほか、本革仕様も選択可能となっているのも特徴でしょう。

また走りにこだわりハンドリングや加速感をチューニングした「セレナAUTECH SPORTS SPEC」も設定。17インチの専用ホイールを装着していますが、同じサイズのホイールを装着するセレナNISMOとはタイヤの銘柄を変えて上質な乗り心地を追求しています。

プレスカンファレンスには片桐隆夫オーテックジャパン社長(写真)が登壇し「セレナAUTECHに装着される青色のブランドロゴは、同社発祥の地となる『湘南ブルー』をあしらっています」とコメント。

車両はもちろん、新生オーテック第一弾となるセレナAUTECHについている青いブランドロゴにも注目しましょう!

(テヅカツヨシ)

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事