【東京オートサロン2018】コンセプトは「プレミアム」。グッドイヤーが新しいサマータイヤ2モデルを投入

オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズハイブリッド」の投入で、最近めきめき注目株となってきているグッドイヤー。

東京オートサロン2018では2モデルの新サマータイヤを発表しました。2つともコンセプトはプレミアム。広告キャッチコピーは「喧噪を、置き去りにしよう。」で、静粛性も大きな売りとなっています。

1つは人気が高まっているSUVをターゲットとしたアッパー17インチのシリーズで、レクサスRXに装着されていた「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV”です。エフィシエントグリップ・シリーズのSUVタイヤはすでにHP01が用意されていますが、この「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」はHP01のオンロードパフォーマンスをさらにアップしたモデルとなっていて、パターンノイズは9%低減。ドライブレーキ停止距離は9%短縮、ウエットブレーキ停止距離はなんと15%も短縮に成功しています。ます。当初投入されるのは17インチから20インチまで25サイズとなります。

 

もうひとつはトヨタプリウスに装着されていたモデルで、イーグルLS EXEの後継モデルとなる「エフィシエントグリップ コンフォート」です。スポーツブランドであるイーグルから、プレミアムブランドに移行するほど方向性を転換したモデルで、パターンノイズを28%低減、ロードノイズは7%低減されています。また、ハンドリングも大幅に向上。ライフ性能も3%アップとなりました。サイズは14インチから20インチまで51種と非常に幅広くなっています。

グッドイヤーブースにはこの2つのニュータイヤのほかにも従来モデルのタイヤも展示。ステージイベントなども催されています。

(諸星陽一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり
【東京オートサロン2018】驚異の1540馬力・トルク125kg-mで、ゼロヨン8秒台たたき出すモンスターGT-R登場!

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事