【訃報】トヨタ自動車顧問 豊田達郎氏が死去(88歳)部品共通化などで尽力

トヨタ自動車が1月6日、同社顧問(元社長)の豊田達郎氏(88歳)が肺炎で2017年12月30日(土)19時20分に亡くなったと発表しました。

豊田達郎氏は「発明王」豊田佐吉の孫で、父はトヨタの創業者 豊田喜一郎氏。兄は名誉会長の豊田章一郎氏で、豊田章男社長は甥(おい)にあたります。

東京大学工学部機械工学科を卒業して1953年4月にトヨタ自動車販売㈱に入社。

1980年9月にトヨタ自動車工業㈱取締役に就任後、1984年には米GMと設立した合弁会社「NUMMI」(New United Motor Manufacturing)の初代社長に就任し、米国市場の開拓に尽力。

1988年にトヨタ自動車㈱副社長に就任後、1992年9月から3年間に渡り、同社社長を務め、バブル経済の崩壊や円高進行で新車販売が低迷するなか、部品の共通化などで原価低減を精力的に推進しました。

葬儀は妻の豊田絢子さんを喪主に、近親者で内々に執り行なわれ、後日「お別れの会」を開催するそうです。

連絡先は同社のトヨタインスティテュート(元秘書部)とのこと。

Avanti Yasunori

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタHSR
ロボット分野でも生活を支える存在を目指すトヨタ自動車。「Preferred Networks」と共同で研究開発を実施へ
東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート
【新車】トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が一部改良を実施!! 「ITS Connect 路車間通信システム」や「ITS Connect 車群情報提供サービス」など自動運転にもつながる制御、機能を搭載
HamoRIDE
トヨタ自動車など3社が参加するカーシェアリング実証実験で安全運転ドライバーにポイントを付加
トヨタ自動車が提供する「バーチャルな移動」で活躍するヒューマノイドロボット「T-HR3」とは?【 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事