【東京オートサロン2018】「ずっと居たいと思う室内空間」をノアに配したモデリスタのコンセプトカー

2018年1月12日〜14日の3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2018。トヨタ車の架装ブランドであるモデリスタインターナショナルは人気の高いミニバン、トヨタ・ノアをベースとしたコンセプトカー「NOAH MU(Multi Utility)Concept」を出展します。

このNOAH MU Conceptはセカンドシートがあり、普段は5人乗りのノアを「ファン×ファッショナブルモバイルベース」をコンセプトにカスタマイズしたコンセプトカーです。エクステリアはエアロパーツでクールな印象に仕上げ、インテリアは車中泊も可能なモバイルベースに様変わり、といったようにモデリスタが得意とするカーライフをもっと楽しくするカスタマイズが凝縮されています。

注目のインテリアは、リアのバックドアガラスとサイドウィンドウの3面がプロジェクターを投影できるように変更されています。さらに高級オーディオJBLのスピーカーを車内に設置することで、車内をビジュアルルームへと変身。

ラゲージアンダーボックスをクーラーBOXに変更したり、バックドアやラゲージルームの天井にLEDライトを装着することで利便性を高めています。助手席のシート背面に装着されているLEDシートバックテーブルパネルは通常青く光りますが、NOAH MU Conceptでは装着したオリジナルシートカバーと同様にモデリスタのイメージカラーである緑色へと変更することで、車内をコーディネイトしています。

ラゲージ部分には収納可能なボードを搭載。使い方によって豊富な積載量を誇るラゲージモードや大人二人がくつろげるベッドモードに変わり車中泊ができるモバイルベースへと変わります。

サイドコンソールには、AC電源やUSBジャックに加えて、アンカーナットを搭載しておりスマートフォンやタブレットの充電や電気機器が使用できます。さらにラゲージモードの時にボードを収納しておくケースは前後に動かすことが可能で、多彩なシートアレンジが可能となっています。

 

『東京オートサロン2018』の最新記事
セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事