13年ぶりのマイナーチェンジ!新型ハイゼットカーゴがスタンバイ【東京モーターショー2017】

とはいえ、デザインの変更は序の口。

ブラックに統一することで上質感を高めたインテリアでは、助手席前にオープントレーを設けたほか、ケータイの充電時に邪魔になりがちなコードを引っ掛けるためのフックを設けるなど、イマドキの使い方に対応。

そのほかにもステレオカメラで前方の状況を捉え、歩行者にも対応する安全装備「スマートアシストⅢ」を軽商用車で初めて採用したほか、リヤバンパーに超音波ソナーを仕込んで後方の障害物への衝突を予防するなど、安全性も向上させています。

「参考出品」とはいうものの、すでに車両自体は完成しており、発売は数ヶ月先とのこと。ちなみに、ボディカラーは全7色が用意されています。

(今 総一郎)

『東京モーターショー2017』の最新記事
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事