トヨタのスポーツカーは「GR」ブランドに統一される!?

トヨタが、新しいスポーツカーシリーズとして、新ブランド「GR」を投入することを発表しました。

従来、「G Sports(通称G’s=ジーズ)」として展開してきたスポーツコンバージョン車シリーズも、「GR」シリーズとして一新されます。トヨタのモータースポーツ活動であるGAZOO Racing(ガズーレーシング)のロゴをそのまま受け継ぐ、純粋なスポーツブランドの誕生です。

新生「GR」ブランドのモデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施し、販売台数限定となる「GRMN」をフラッグシップとしているのは従来通り。また、従来の「G’s」に相当するスポーツドライブを楽しめるラインナップとして「GR SPORT」を新設することが発表されました。さらに、「GR SPORT」をベースにチューニングを施した「GR」を新設定。これにより、チューニングの度合いでいうとGRMN、GR、GR SPORTという3段階のピラミッドが生まれることになります。

これらは完成車としての提供になりますが、さらにカスタマイズを楽しめるアフターパーツとして「GR PARTS」も生まれる予定です。こうしたGRのクルマづくりやチューニングを楽しめる窓口として、全国展開されるのが「GRガレージ」です。それぞれの拠点には「GRコンサルタント」と呼ばれる専任スタッフを配置、2017年度中にGRガレージ39店舗をオープンさせる計画となっています。

なお、これに伴い、これまで全国展開してきた「AREA86」は、2018年3月末までに全店を閉店することも発表されました。

「GR」シリーズの第一弾として、ヴィッツに「GR」と「GR SPORT」を、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアに「GR SPORT」を設定。2017年9月19日より発売開始しています。

さらに、ヴィッツにスーパーチャージャーエンジンを積んだ「GRMN」、86にフロント6ポッド・リヤ4ポッド+ドリルドローターブレーキなどを装備した「GR」、アクアとプリウスαに「GR SPORT」を追加することもアナウンスされました。ヴィッツGRMNは2018年春ごろ、86“GR”、アクア“GR SPORT”、プリウスα“GR SPORT”は今冬に発売する予定となっています。

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事