実はニッチなカテゴリー!? 中古車で狙える「3列シートSUV」オススメ5車種【中古車選び】

2017年9月14日、マツダはSUVのフラッグシップモデルとしてCX-8を発表しました。CX-8はSUVながら6〜7人乗りが可能な3列シートを採用しているのが特徴です。

3列シートSUVは輸入車を含んでも月販3000台というマーケット。今回発表されたCX-8は月販1200台を予定し、このカテゴリーのリーダーシップを狙おうという車種です。そこで、今回ではCX-8のような3列シートを設定したSUVの中から、中古車で狙えるオススメの5車種を紹介しましょう。

●トヨタ・ランドクルーザープラド

3列シートSUVの中で安定した人気を誇るのがトヨタ・ランドクルーザープラドです。150系と呼ばれる現行型のランドクルーザープラドは2009年に登場。2017年9月12日に2度目のマイナーチェンジを行い、外観のデザイン変更をはじめ、運転支援装備の衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全車標準装備とするなど装備の充実化が行われました。

現行型ランドクルーザープラドの中古車は現在365台流通していますが、若干減少傾向です。直近1カ月の平均価格の推移は367万円から381万円と値上がり傾向となっています。

現行型ランドクルーザープラドはグレードによって5人乗りと7乗りが用意されていますが、7人乗りの中古車は365台中219台と60%を占めています。グレードではクリーンディーゼルエンジンを搭載した2.8DT TX Lパッケージが最も多く、次に最上級グレードの2.8DT TZ-Gが続きます。

ランドクルーザー2.8DT TX Lパッケージは55台の中古車が流通しており、価格帯は379.8万〜598万円と人気車らしく、高価格をキープしています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事