発売後の販売滑り出し好調! 新型SUV「レクサス UX」はこんなクルマ

トヨタ自動車が11月27日に発売した都会派コンパクトSUV「レクサス UX」。

「Creative Urban Explorer」をコンセプトにした「レクサス NX」の弟分となるコンパクト・クロスオーバーモデルで、エクステリアは「GA‐Cプラットフォーム」の採用による低重心化とタイヤの大径化により、俊敏な走りを予感させるプロポーションを実現しています。スリーサイズは全長4,495mm、全幅1,840mm、全高1,540mm、ホイールベースは2,640mm。

フロント廻りでは3眼LEDヘッドランプ上部にL字型のクリアランスランプを設定し、精悍な表情を演出。リヤ廻りについても、左右のテールランプを連続させて横一文字にするなど、斬新なデザインを採用。

構造用接着剤・レーザースクリューウェルデングによるボディの高剛性化に加え、アルミや樹脂製ボディパネル採用による軽量化で優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しています。

新開発のハイブリッドシステムを搭載した「UX250h」(システム出力184ps)、Direct Shift‐CVTを採用した「UX200」(174ps/21.3kgm)共に2.0L直噴直4エンジンを搭載。高回転域まで軽快に回る爽快な加速フィーリングと心地良いエンジンサウンドを実現。

また磁界共振方式の非接触給電(ワイヤレス給電)技術を車載部品として世界で初めて採用。安全装備も最新の「Lexus Safety System +」が搭載されています。

車両価格は390万(UX200)〜535万円(UX250h バージョンL)となっており、高額車の部類にも拘わらず、発売後の販売滑り出しは好調のようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

新型SUV「レクサス UX」が一足先に見られる!国内4地域で先行展示会開催
https://clicccar.com/2018/10/23/642916/

トヨタ自動車、2020年にレクサスUXベースの「EV」を国内で生産開始?
https://clicccar.com/2018/09/29/634022/

コンパクトな新型SUV「レクサス UX」いよいよ今冬発売へ。 前人気も上々!
https://clicccar.com/2018/09/27/633315/

今冬発売予定のレクサス「UX」は都会派のコンパクト・クロスオーバーモデル
https://clicccar.com/2018/03/09/566801/

【関連リンク】
Lexus UX   https://lexus.jp/models/ux/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事