VW・パサート ヴァリアントに快適、安全装備を満載した「TSI Eleganceline Tech Edition」を設定

フォルクスワーゲン・ゴルフと同様に、「MQB」と呼ぶ新モジュール戦略により仕立てられた現行パサート。広大なラゲッジスペースが特徴のヴァリアントに、限定車の「TSI Eleganceline Tech Edition」が発売されました。

同限定車は、売れ筋グレードで4,039,000円の「Eleganceline(エレガンスライン)」をベースに、ジェスチャーコントロール機能付純正ナビゲーションの「Discover Proパッケージ」や「Highline」以上で選択できる「テクノロジーパッケージ」を標準装備。

「テクノロジーパッケージ」は、デジタルメータークラスターの「Active Info Display」、「ダイナミックライトアシスト」、駐車支援システムの「Park Assist」、アラウンドビューカメラの「Area View」、電子制御式ディファレンシャルロックの「XDS」からなるもので、安全性や走りをより引き上げるパッケージとなっています。ほかにも、専用の18インチアルミホイールやヘッドライトウォッシャーを装備。

限定販売台数は計300台で、ボディカラーは「パイライトシルバーメタリック」が150台、「マンガングレーメタリック」が150台の2色で、価格は4,499,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。