クーペルーフが刺激的!魅惑の新ボディを纏うフォード フォーカス ワゴン次期型をキャッチ

欧州で人気の高い、フォード『フォーカス ワゴン』次期型プロトタイプを初めて捉えました。

撮影場所が明かせぬ為、バックを消しているせいか実にスパイショットらしい写真です。

大刷新される次期型の最大の見どころは、完全に新設計されたプラットフォームによりDピラーに角度をつけ、スポーティーに仕上げたクーペルーフ、および全長・全幅・ホイールベースを延長したことにより現行モデルより優雅になった魅惑のシルエットです。

エクステリアを見ると、新ヘッドライトのほか、試作車のフロントバンパーに2つの小型カメラが装着されており、半自立機能が搭載されていることを予感させます。

室内には「フィエスタ」新型と似たタブレット式センターディスプレイ「SYNC3」インォテインメントシステムが搭載されることも確実で、パワートレインには、アップデートされる1リットル直列3気筒エンジン「エコブースト」が搭載されるはずです。

2018年3月のジュネーブモーターショーにてハッチバックが公開された後、秋以降にセダンとワゴンがワールドプレミアされるでしょう。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事