痛快な加速感がタマらない!ターボエンジン搭載の国産車・ベスト5

80年~90年代にクルマ好きだった若者たちが、現在でも痺れる言葉の一つが「TURBO(ターボ)」です。過給器であるターボチャージャーは排気ガスの流れを利用してコンプレッサを駆動させ、空気の密度を高めてより多くの酸素を燃焼室に送るパーツです。

スポーツカーを中心に搭載されたターボエンジンは、圧倒的な加速力によって多くのドライバーを魅了する魔法のパーツでした。現在では、輸入車を中心に行われているエンジンの小排気量化(ダウンサイジング)で、欠かせないパーツとなっています。

ここでは、現在国産車に搭載されているスポーティなターボエンジンのベスト5を紹介しましょう。

■ホンダ・シビックタイプR

6代目(タイプRユーロを含む)となるホンダ・シビックタイプRが2017年7月に発表され、9月29日より販売開始となります。かつてのタイプRは自然吸気を搭載していましたが、2015年に限定750台で販売された先代シビックタイプRからはターボエンジン搭載車となりました。

現行型シビックタイプRに搭載されるエンジンは専用のチューンが施された2L直列4気筒VTECターボで、最高出力は320ps、最大トルク400Nmを発生します。旧型より最大出力は10psアップし、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのテストでは7分43秒80を記録。先代モデルより7秒近くタイムを短縮しています。

エンジン制御技術の進化により、低回転域での高トルクかつハイレスポンスな立ち上がりと全開領域での高出力化を実現。組み合わされる6速MTのローレシオ化や軽量フライホイールの採用により加速性能は鋭さを増しています。新車価格は450万360円です。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事