ただのロング版じゃない! 5008はここが3008と違う!【プジョー5008 GT 試乗】

モノスペース全盛期にあった先代の頃は、背の高いクロスオーバーとMPVだった。同時にフルモデルチェンジした2代目はいずれも同じ名前を引き継いだが、双方ともトレンドど真ん中のSUVとなって、ショート&ロング版という位置づけになった。プジョー3008と5008のことだ。両車は数字の大小による上下ラインナップというより、水平的バリエーションというか兄弟モデルといえる。

3008は2017年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを引っさげ、ひと足先に日本市場でも絶好調発進を切った。そして今秋、5008が日本に上陸してくる。

高級車専業メーカーではなく、Cセグ・コンパクトで価格帯2万5000ユーロ前後の「ジェネラリスト」と呼ばれる総合自動車メーカーによる7人乗りSUVは、ここ半年ほどで一気に過熱気味だ。

元々は英国産の日産キャシュカイ+2が先駆的存在だったが、昨年のパリサロンで5008が参戦し、さらにシュコダ・コディアックやVWティグアンのオールスペースが名乗りを上げた。つまりVWグループ、PSAグループ、ルノー日産連合という、欧州でもっとも大きなシェアを占める3グループの代表が瞬く間に揃ったジャンルなのだ。

すでに2代目308以降のEMP2プラットフォームの高評価や、3008のSUV離れした動的クオリティは色々なところで報じられている。よって「走る・止まる・曲がる」に関しても、5008に大きな期待を寄せない訳にはいかない。今回は幸い、フランス本国で1000㎞超の長い距離を試すことができた。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事