17年ぶりにフルモデルチェンジを受けたダイハツ・ハイゼットカーゴ、アトレーの進化ぶりは、想像以上に凄かった!!

■新開発CVTが搭載されたハイゼットトラックもスムーズで元気な走りを披露

2021年12月20日にフルモデルチェンジを受けたダイハツハイゼット(カーゴ、アトレー)、マイナーチェンジを受けたダイハツ・ハイゼットトラック。

ダイハツ ハイゼット
新型ハイゼットカーゴ(デラックス)の走り

カーゴとアトレーは、じつに17年ぶりの全面改良で、トラックはプラットフォームこそ先代からの流用ではあるものの、今回の目玉である新開発CVTが搭載されています。

カーゴとアトレーは、軽商用モデル初となる新世代アーキテクチャの「DNGA」化により全方位での進化が期待されます。

ダイハツ ハイゼット
ハイゼットカーゴの走行シーン

さらに、ハイゼットトラックも含めて全シリーズに新開発のFR向けCVTが搭載されています。いまや軽バンや軽トラックでも2ペダルのニーズが高く、燃費やスムーズな走りを享受できるCVTの採用は、トピックスといえます。

ダイハツ アトレー
新型アトレー(RS)のインパネ

上り坂などでの発進や水田のあぜ道などで気になるトラクション性能にも配慮されていて、変速比幅の拡大によりLOWギヤ化されたことで、力強い発進が可能になっています。

CVTの懸念材料である耐久性に関しても十分なテストを重ねたことで、開発陣は自信を持っているようです。

ダイハツ ハイゼット
床下に直列3気筒エンジンを積む

今回の試乗は、街中中心でしたが、CVTのデメリットはほとんど感じさせませんでした。アクセル操作に対して、音が先に高まり、加速感が後からついてくるようなフィーリングはあるものの、元々、シート座面下にエンジンをレイアウトするため、CVT由来の音に関してはあまり気になりません。エンジン音にかき消されるからです。

ダイハツ ハイゼット
新型ハイゼットカーゴのフロントシート

とはいっても17年ぶりのフルモデルチェンジは、先代と比べると、音・振動の面で隔世の感があるほど圧倒的な進化を遂げています。一気に上質感が増し、とくにフルモデルチェンジを受けたカーゴとアトレーに関しては、軽乗用モデルに匹敵する(もちろん、床下にエンジンを配置するため音の進入はそれなりにある)レベルにまで到達しています。

フルモデルチェンジとはいえ、これほどの進化ぶりを見せつけるモデルは、個人的にはあまり例がなかったといえるくらいに感じられました。これなら、はたらくクルマとしてはもちろん、遊びグルマ、軽キャンパーのベース車としてもより快適なドライブが楽しめそうです。

ダイハツ ハイゼット
新型ハイゼットカーゴのリヤシート

また、試乗時は、約100kgの砂袋をウエイトとして載せていて、リアルワールドの積載時に近い乗り味を確認できました。多少上下に跳ねるような挙動はあるものの、前席は総じて乗り心地も上出来といえるレベルにあります。

一方の後席は、シートの厚みなど割り切り(格納性を重視)もあり、路面からの突き上げはやや大きめでした。しかし、大半のユーザーが1人か2人乗りであることを考えると、十分に納得できる設計といえるでしょう。

ダイハツ アトレー
新型アトレーのリヤシート

マイナーチェンジ版のトラックは、先述した新開発CVTにより街中で乗る限り、静粛性の高さが印象的。スムーズな発進性や加速性能を備え、しかも900kg〜950kg(2WD/CVT)のハイゼットカーゴに対し、ハイゼットトラックは、790kg〜850kg(2WD/CVT)と約100kg軽いこともあり、より元気な走りを引き出せます。

ダイハツ ハイゼット
新型ハイゼットトラックの荷台

さて、今回のフルモデルチェンジ(カーゴ、アトレー)では全車商用モデル(4ナンバー)になり、カーゴは、車体構造のスクエア化によりクラス最大レベルの荷室長、荷室幅(4名乗車時)荷室高をはじめ、フラットかつ広大な荷室スペースを手に入れています。

アトレーもカーゴ譲りの荷室空間を手に入れるため、4ナンバーになりながらも、より乗用に向く内・外装の仕立てで、個人の乗用ニーズにも応えてくれるモデルになっています。

ダイハツ ハイゼット
ハイゼットトラックのシート

趣味の相棒としても人気になるはずのアトレーは、広くて快適な走りを獲得し、多様なニーズに応えてくれる資質を身につけています。

(文:塚田 勝弘/写真:小林 和久)