ホンダ「S2000」が新型CIVICタイプRの心臓を得て復活!?

かつて人気を博したホンダのFRスポーツモデル「S2000」が復活する可能性が高いことから、ファンの間で話題になっています。

「S2000」は1999年4月に338万円で発売されて以降、2009年8月までの10年間に渡って生産され、全世界で約11万台を販売したものの、後継モデルが登場しないまま、現在に至っています。

同車のデビュー時の仕様は、250ps/22.2Kgmを発生する高回転型NA 2.0L直4VTECエンジンを搭載、車重が1,240kg、P/Wレシオ:5.0と、同じく2.0L FRスポーツのトヨタ86をも超えるスペックを誇っていました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事