昨年11月末にマイナーチェンジした「スバル XV」の走りは?

昨年11月に一部改良を受けた「SUBARU XV」に試乗する機会がありましたのでご報告したいと思います。

その前にまずは今回の主な変更点をおさらいします。

SUBARU XV_21

アイサイトがバージョン3になり、パワーユニットの各部フリクション低減などにより2.0LエンジンのJC08モード燃費が15.8km/Lから16.2km/Lに向上しています。

SUBARU XV_18

走りでは、新たに「SI-DRIVE」を採用しつつ、変速特性も最適化することで燃費とスムーズな走りを目指したとしています。

SUBARU XV_09

さらに、ショックアブソーバーの減衰力やスプリングのバネ定数の最適化など、サスペンションのリファインやステアリングギヤ比を「15.5:1」から「14.0:1」に変更。

SUBARU XV_29

そのほかにもボディ各部に吸音材を追加したり、ウインドウ周辺の構造変更などにより静粛性を高めたりするなど、上質な乗り味を追求しています。

インテリアの質感向上もニュースで、金属調の加飾をアクセントとして織り込み、ピアノブラック調パネルやシルバーステッチとの組み合わせを採用。

また、メーターパネルにブルーパネルや金属調リングを装備し、中央に3.5インチカラーディスプレイを配置して運転に必要な情報を分かりやすく表示するなどのインターフェイスの改良も見逃せません。

メーカーオプションのナビもSDナビゲーションになり、タッチ操作やスマホ連携によるアプリに対応しています。