強烈な加速と安定したコーナリングが印象的。EVスポーツコンセプト「ニッサン ブレードグライダー コンセプト」に同乗

EVスポーツコンセプトの「ニッサン ブレードグライダー コンセプト」は、前席はドライバーが1人、後席は大人2人が座れる独立式の2座が用意されていて、ガルウィング式のドアを上に開けて乗り降りします。

世界に2台しかないコンセプトカーですからステアリングを握る機会は残念ながらありませんでしたが、後席に座ってサーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)を同乗走行することができました。

後席への乗り込みは、頭上にやや注意をして、足元のサイドシルさえクリアしてしまえば「楽」とまではいきませんが、苦労するほどの乗降性ではありません。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。