SUVでありEVであるコンセプトカー「I.D. CROZZ」をフォルクスワーゲンが世界初公開【上海モーターショー2017】

4月19日のプレスデーから開幕した上海モーターショーにおいて、フォルクスワーゲンのコンセプトカー「I.D. CROZZ」が世界初公開されました。

SUVとクーペを融合させたという同コンセプトカーは、「モジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)」による「I.D.」シリーズの主力モデルという位置づけで、「SUV」と「EV」という、世界中で欠かせないキーワードを具現化したコンセプトモデル。

SUVであり、EVである「I.D. CROZZ」は、225kWの最高出力、180km/hの最高速度を実現しながら500km(NEDC:新欧州ドライビングサイクル)という航続距離を確保。急速充電にも対応し、わずか30分(150kWの直流電源)で80%までの充電が可能としています。なお駆動方式は4WDです。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています