レクサスNXのマイナーチェンジ顔が初公開。日本発売は2017年秋【上海モーターショー2017】

2017年4月19日に開幕した上海モーターショーにおいて、レクサスはマイナーチェンジした「NX」を世界初公開しています。

レクサスのシンボルともいえる「スピンドルグリル」をレイヤー状のデザインとすることで、SUVらしいパーソナリティをアピールしています。さらに流れるウインカー(LEDシーケンシャルターンシグナルランプ)を採用するなどアピアランスを洗練させています。

メーターフード一体型ヘッドアップディスプレイ、10.3インチワイドディスプレイなどコクピットも大きく進化。レクサスらしい先進装備を充実させているのも特徴です。予防安全装備としては「Lexus Safety System +」を新採用しているのも見逃せません。

この新型NX、日本での発売は2017年秋頃の予定とアナウンスされています。

なお、これからのレクサスはターボエンジン搭載グレードが充実するといいます。それに合わせて、従来は「排気量+t」という表記だったターボエンジン車のグレード名を変更していくということです。

その第一弾として、新型NXでは、2リッターターボエンジン搭載車のグレード名を「NX300」とすることが発表されました。

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事