おすすめ記事一覧

明るいボディと素材色のコントラスト ─ 新型スバル・XVのデザインが目指したもの(後編)

2017/04/19 19:33 by   ニュース・新車, コラム・連載, デザイン, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

「ファン・アドベンチャー」を掲げた新型XVのデザイン・インタビュー。冒険心の要はどこにあるのか。後編はボディのサイド面から伺います。

── さて、後編はボディのサイド面から伺います。まず、特徴的なホイールアーチモールの形状はどのような意図があるのですか?

「リズム感です。先代は、シンプルな同心円状のモールの一部を切り取ったものでしたが、新型は後方を四角くして、より強くリズム感を演出しています。ここもトレッキングシューズからの発想で、必要な部分にのみしっかり張り付いている表現ですね」

── そのモールは、ブラック以外にブルーなど他の色の設定は考えませんでしたか?

「実はやりたかったんですが、コスト面がありまして(笑)。ただ、今回素材色ではあるのですが、新しくシボを入れることでグレーにも見えるし、質感自体も上がっているんです」

── ルーフレールは、面がしっかりした形状になりましたね

「先代はシンプルなバーに樹脂の脚だったのですが、今回はすべてアルミの引き抜き材としています。脚も斜め45度にカットし、ルーフレールがあることで空力が悪化しないよう工夫しています」




あなたにおすすめの記事