「明暗を分けた」トヨタと日産。2017年1月の登録車セールスランキング

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)から、2017年1月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されています。

2016年11月には日産車として30年ぶりに月間トップの座についたノート、同年12月にはハイブリッド専用モデルであるトヨタ・プリウスが僅差でトップを奪還するなど、21世紀のTN(トヨタ・日産)バトルはまだまだ続きます。

なんと、2017年最初のセールスランキングでは、ノートとセレナが、それぞれ1万台以上を販売して、日産が32年ぶりのワン・ツーとなりました。3位はプリウスながら、前年比で半減以上の9,883台となっています。