新型フォルクスワーゲン・ティグアンの動力性能、乗り心地などの走りは?

2代目となる新型フォルクスワーゲン・ティグアンが登場しました。先代よりもひと回り大きくなり、ゴルフやパサートに続く生産モジュール「MQB」の採用によりどんな走りを披露してくれるのでしょうか。

20170126vw-tiguan_001

先代よりも全長が70mm長くなり、全幅は30〜50mmワイド化、全高のみ35mm低くなった新型ティグアン。前・後席に座って荷室をチェックすると、VWが謳う「コンパクトSUV」というにはかなりのボリューム感があり、日本ではミッドサイズSUVといいたくなる大きさ。直線を基調とした外観からは、堂々たる雰囲気が醸し出されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。