【東京オートサロン2017】STIの提案するレヴォーグSTI Sportに発売予定のNEWアイテムを発見!

東京オートサロンのスバルブースでは、モータースポーツ参戦車両やコンセプトカー以外にも、注目のモデルが展示されていました。

その中でも昨年登場し、人気を博しているレヴォーグの最上級グレードのSTI Sportをベースに、STIからリリースされている「STI Performanceパーツ」をふんだんに装着しているモデルをご紹介します。

img_2406

レヴォーグのSTI Sportは、カタログモデルとなるライン生産でありながら、STIのテクノロジーと上質な内外装を融合させた最上級モデル。標準仕様のまま乗っても、十分なパフォーマンスを発揮するクルマですが、さらに走りを磨くことでもっとスポーティに、もっと気持ちよく走れるスポーツツアラーへと進化します。

img_2408

そこで、今回出展されたレヴォーグには、STIの提唱する「強靭でしなやかな走り」に磨きをかけるフレキシブルタワーバーをはじめとした剛性アップパーツやエクステリアを引き締めながら、徹底した空力テストにより性能が裏付けられる本格エアロパーツをパッケージとした「STI Performance パッケージ」が装着されています。

img_2635

STIスポーツパーツの中でも最も人気の高いパッケージですが、この出展車両には、さらに高い次元の走りを提供するドリルドブレーキローターやリヤスポイラーといった機能パーツが装着されているほか、参考出品のアイテムとして、フロントのブレンボ製対向4POTブレーキキャリパーや、WRX S4 tSに装着されているCVTクーラーなども装備されていました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事