「マーケティングの手腕」が光った!? ダイハツの新車たち【クリッカーオブザイヤー座談会 Vol.3】

2015年11月1日~2016年10月31日までに日本で発売された55台の中から、最も欲しい、優れているクルマを選ぶクリッカー・オブ・ザ・イヤー(CCOTY)

10点を入れたクルマについて各選考委員が覆面で語る座談会リポートの第3弾です。

014_daihatsucanbus-20161231120420

司会(以下司):国産車ではダイハツ・ムーヴキャンバスも10点を獲得しました。これはどうでしょうか。

C:試乗会でミニカーを貰ったから10点…というのは冗談ですけど、ダイハツのキレっキレっのマーケティングの凄さを知りました。スライドドア世代と言われる現在の30代向けのクルマ。従来スライドドアというとファミリー向けのクルマというイメージでしたが、個人ユースのスライドドアとしての初めてのモデル。ムーヴより約100kg車両重量が重いのがネックですけど、もしかしたら、フォロワーが後追いするかもしれない可能性を秘めたスライドドア唯一のパーソナルカーです。

F:リアシートに荷物を乗せやすいかを考慮したスライドドアが特徴です。

C:そうです。後ろに人を乗せない前提のスライドドアですから。リアドアの使いやすさが問われている。もしかすると、今後のクルマ選びが大きく変わる可能性を秘めていると思います。従来はリアからの荷物の出し入れのしやすさが評価ポイントでした。しかし、スライドドアの開口部の幅が評価され、荷物の積み方が変わることで、今後評価のポイントが変わる可能性があります。ほかにこんなクルマはなかったので、10点を入れました。

B:女子向けというのがもったいない。

D:プレゼンでターゲットを聞いたときに、そんな人いるのかなと思っていたら、街で実際に会ったときに驚いた。本当にいるのだなと。

C:さすが初速で6000台超え。

A:このスライドドアで順調なセールスが続くなら、ピラーレスとか必要がない。でも、郊外で高い速度レンジで走るとパワーがないのでキツイです。

C:もう少し普通に走って欲しい。タントと同じファイナルにしている努力はしているけど。

A:まぁターボが出るのも時間の問題でしょう。

C:そうでしょうね。しばらくはNAだけで行って、落ち着いた頃にターボ追加。ムーヴだけでなく、トールとか今年登場したダイハツ車はマーケティングの細やかな調査の結果が出ていると思うのですよ。クルマ云々ではなく、ダイハツのマーケティングに10点です。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています