トヨタ自動車が「EV事業企画室」を始動!電動化加速へ

欧州ではVWが排ガス不正問題以降、EV戦略を鮮明に打ち出しており、BMWも電動化による新戦略を発表、ダイムラーもEVを軸にした新ブランド「EQ」を立ち上げるなど、電動化への動きが活発化しています。

また米国ではテスラに加え、GMがEV「ボルト」の航続距離を拡大、国内でも日産がEV開発の実績を持つ三菱自動車を傘下に入れるなどで動いている状況。

TOYOTA_RAV4_EV

既に米テスラと共同開発した「RAV4 EV」や、小型乗用車「iQ」のEV版「eQ」、トヨタ車体によるパーソナルEV「COMS」、バイク感覚で運転できるユニークな「i-ROAD」などの開発実績を持つトヨタだけに、今後のEV開発に向けた動きが大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

2025年にEV販売100万台で首位狙う!VWが新戦略を発表
https://clicccar.com/2016/11/28/421115/

トヨタが少数精鋭の「社内ベンチャー」でEV開発を加速!
https://clicccar.com/2016/11/24/418416/

トヨタがPHV/FCVに加えて、「EV」開発にも本腰を入れる理由とは?
https://clicccar.com/2016/11/15/416047/

メルセデス・ベンツなどドイツ3強がEV投入を加速!
https://clicccar.com/2016/10/19/409118/

BMWがEV、電動化による新戦略「ナンバーワン・ネクスト」を発表!
https://clicccar.com/2016/03/28/362878/

【関連リンク】

トヨタ自動車のEV
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/ev/