ホンダ・ヴェゼルが2019年上半期のSUV販売台数ナンバー1に。C-HR、新型RAV4も人気を集める

日本のみならず、世界的なブームが続いているSUV。2019年5月には新型トヨタ・RAV4が登録販売台数(日本自動車販売協会連合会調べ)で7位、6月も11位に入り、トヨタ・C-HRも堅調に売れるなど、SUV人気は相変わらずのようです。

ホンダは、VEZEL(ヴェゼル)の2019年上半期(2019年1月~6月)における販売台数が33,445台になり、2019年上半期 SUV新車販売台数で第1位を獲得したと発表しました。

SUV2位は32,221台でトヨタC-HR、同3位は22,603台の日産エクストレイル、同4位は20,772台のトヨタ・ハリアー、同5位はマツダCX-5で20,201台。なお、新型RAV4は17,775台でSUV6位。新型RAV4は、2019年4月に発売されたばかりですので、暦年ではかなり上位に入りそうです。

2014年〜2016年の3年連続で暦年SUV新車販売台数1位になるなど、SUVの販売台数で常連になっているヴェゼル。2013年12月にSUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したモデルとして発売。

2018年2月のマイナーモデルチェンジでは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が標準装備され、さらに2019年1月には1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載した「VEZEL TOURING(ヴェゼル ツーリング)」が追加されています。

こうした施策により、2013年の発売以来、2019年6月までに累計40万台を突破。2019年暦年では、SUVで2位につけているトヨタC-HRや、新型RAV4とのSUVナンバー1争いが激化しそうです。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
HONDA eの市販仕様はコンセプトモデルとどこが違う?【フランクフルトモーターショー2019】
これは新しい! ホンダeはキーの代わりに身近な「アレ」を代用できる【フランクフルトモーターショー2019】
「Honda e」の日本発売は2020年。気になる価格は欧州で約350万円【フランクフルトモーターショー2019】
ホンダeを正式発表。価格は約350万円(補助金込み)で意外に安い?【フランクフルトモーターショー2019】
国内で独自路線を歩むホンダが自動運転実現に向けて他社との提携を積極化?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事