ダウンサイジング興味なしのV12搭載!RRファントム後継モデルのラスボス感が凄い

ロールスロイスのフラッグシップ・サルーン『ファントム』後継モデルのプロトタイプが、圧倒するラスボス感を漂わせ現れました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

これまでのミュールボディではない本物の後継モデルです。この新ボディには、クロスオーバーSUV「カリナン」と共有する、次世代軽量モジュラープラットフォームが採用されています。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

エクステリアの変化では、ヘッドライト下部に、くぼみのある変形アウトラインが見られ、フロントバンパーも現行モデルと異なる、新デザインになっていることも確認出来ます。

パワートレインにはBMW製6.75リットルV型12気筒を採用、100ps程度のパワーアップが見込まれており、流行のダウンサイジングには興味がないようです。

ワールドプレミアは2018年になると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?