BMWの2.0L 4気筒ターボ車にBASFの高温ポリアミド樹脂製チャージエアダクトが採用

ドイツの化学会社・BASFは、同社の高温ポリアミド樹脂 Ultramid Endure(ウルトラミッド エンデュア:登録商標)D5G3 BMを使用したチャージエアダクトが、BMWの2.0リッター4気筒ターボエンジン向けに採用されたと発表しました。

チャージエアダクトとは、ターボチャージャーとチャージエアクーラー(インタークーラー)の間をつなぐパイプ状の部品です。

BASFでは、高速で回転するターボチャージャーからの振動を受けながら、「高温」・「高圧」に さらされるチャージエアダクトには、自社のUltramid Endure D5G3 BMを材料とするブロー成形が最適だとしています。

今回、自動車エンジン等を製造するマン・ウント・フンメル社(ドイツ・ルートヴィヒスブルク)が、BMWグループの2.0リッター4気筒ターボエンジン用に製造したチャージエアダクトの材料にBASFのUltramid Endure D5G3 BMを採用し、量産を開始しました。

チャージエアクーラーを搭載したターボチャージャーは、BMW 4シリーズ、 5シリーズ、7シリーズのほか、BMW X3、X4、X5など、多くのモデルに搭載されています。

従来、チャージエアダクトには ポリフェニレン硫化物(PPS)やアルミニウムなどの材料が使用されてきましたが、それらと比較してBASFのUltramid Endure D5G3 BMは、大幅にコストパフォーマンスを向上させることができます。

Die BASF reagiert auf die Weiterentwicklung der Motorenkonzepte mit einem abgestimmten Portfolio von PA6- und PA66-Typen, die die gestiegenen Anforderungen an die eingesetzten Materialien erfüllen. Die Werkstoffe sind je nach Basispolymer und Stabilisierungssystem bis 220°C wärmealterungsbeständig und verfügen über eine ausgezeichnete Berstdruck- und Schweißnahtfestigkeit. So kann dem Entwickler das jeweils optimale Material für unterschiedliche Bauteile der Ladeluftstrecke mit dem besten Kosten-Nutzen-Verhältnis zur Verfügung gestellt werden. Ausgewählte Typen basieren auf globalen Spezifikationen: Sie werden weltweit aus lokaler Produktion, mit einheitlichen Materialeigenschaften und in konstant hoher Qualität geliefert. BASF is responding to the development in engine designs with a consistent portfolio of PA6 and PA66 grades that meet the higher demands on the materials. Depending on the base polymer and stabilization system, the materials are resistant to heat aging up to 220°C and show excellent burst pressure and weld strength. This means the part developer can be provided with the optimum material for each of the different components in the charge-air duct that offers the best value for money. Selected grades are based on global specifications: They are supplied worldwide from local manufacturing facilities, with uniform material properties and a consistently high level of quality.

BASFでは、従来からチャージエアダクト向けのポリアミド樹脂を自動車業界へ提供しており、上の写真はBASFのUltramidグレードのポリアミド樹脂を使用したチャージエアダクトの一例です。

今回BASFがUltramidグレードのポリアミド樹脂に改良を加えたUltramid Endure D5G3 BMの特徴は、①熱老化への耐性が高く、②溶解安定性と膨張性が高く、溶接が容易で加工性が良く、③吸音性が高く、車両静粛化に適していることです。

Ultramid Endure D5G3 BMを使用したチャージエアダクトを搭載するBMW 2.0リッター・ターボエンジン車の登場が楽しみです。

(山内 博・画像:BASF)


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています