ランボルギーニ、650馬力の「ペルフォマンテ」がニュル再来!

ランボルギーニ『ウラカン』のハイパフォーマンスモデルと見られているプロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを再び開始しました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

このハイパフォーマンスモデルに与えられる名称は、「スーパーレジェーラ」または「スーパーヴェローチェ(SV)」と予想されていましたが、最新情報で『ペルフォルマンテ』と名乗る可能性が高いことが分かりました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

ヌードに近い状態のボディは、フロントエアスプリッター付き大口径エアンテーク、リップスポイラー、大型リアウィング、センター出しデュアルエキゾーストパイプ、リアデュフューザーなど、最新鋭フルエアロキットが確認出来ます。

軽量カーボンによるボディは、約100kgの減量に成功、パワートレインには5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載し、最高馬力は650psを発揮します。

0-100km/h加速は3秒と思われる「ペルフォマンテ」は、前回のニュル高速テストより気合を入れた、全速に近い速度でテストをしていたといいます。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーと見られています。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事