AE86カローラ・レビンに採用された世界初の画期的な装備とは?【Corolla Stories 22/50】

クルマの前方には大きな穴、フロントグリルがあるのが一般的ですが、なぜそこに穴があるのかわかりますか? ここから空気を取り入れて、エンジンの燃焼に使う空気を取り入れたり、エンジンを冷やして温度を安定させる冷却水を冷やすラジエターに風を当てるためのものです。

1983年に誕生した5代目カローラのラインアップにあるスポーツモデルの「レビン」に量産車として世界初採用された装備がありました。

AE86_11

5代目カローラのレビンと言えば、その車両型式「AE86」という記号から、ファンの間でも「ハチロク」と呼ばれるようになったクルマ。このレビンの上級モデルに採用されていたのが。ラジエターグリルを開閉させる「エアロダイナミックグリル」という機構。

必要な空気を取り入れるための穴を閉じてもいいの?と思われるかもしれませんが、実は閉じた場合のメリットもあるのです。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています