2016年秋登場!新型インプレッサはカタログ燃費以上に実用燃費を重視し向上させる!

2016年秋にフルモデルチェンジを予定している、スバルのエントリーモデル「インプレッサ」。そのプロトタイプをクローズドコースでじっくり乗ることができました。

20160909Imprezza Prot_095

クローズドコースということで、100km/h以上の速度も試すことができましたが、新しいインプレッサ(プロトタイプ)は、Cセグメントとは思えないほど静粛性が高いことに驚かされました。それもそのはず、100km/h巡航時のエンジン回転数は2000rpmを大きく下回るほどで、リニアトロニックと呼ばれるスバルのチェーン式CVTからのメカノイズもかなり抑えられていたのです。

その秘密はリニアトロニックの進化にあります。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事