F1女子がスーパーGTの魅力を脇阪寿一監督から教えてもらったら意外なことに!?

8月27日(土)、28日(日)に鈴鹿サーキットでスーパーGT第6戦・第45回インターナショナル鈴鹿1000kmが開催されます。スーパーGTの2016年シーズンの中で最長距離の1000kmで争われ、ボーナスポイントもあり今後のシリーズチャンピオンの行方を決めるビッグイベントです。そこで今回、鈴鹿1000kmに向けて、LEXUS TEAM LeMans WAKO’Sの脇阪寿一監督にインタビューさせて頂きました!

aIMG_6568

脇阪監督といえば昨年までスーパーGTのGT500クラスで走り、3度のシリーズチャンピオンを獲得。「ミスターSUPER GT」と呼ばれ、スーパーGTにとって欠かせない存在です。また、1996年にはF3でチャンピオンを獲得し1998年にはF1ジョーダン無限ホンダテストドライバーを務めています。

テレビや雑誌などでお見掛けしたことはありましたが、お会いしたのは今日が初めて。一流ドライバーで監督・・・。少し近づきにくい印象でした(脇阪監督ごめんなさい!)。でも、実際にお会いしたらとても優しく、話しやすいではありませんか!

aIMG_6513

スーパーGTの魅力について、

「スーパーGTはサーキットがあって、クルマがあって、ドライバーがいて、レースクイーンがいて、ドライバーとレースクイーン、チームのファンがいて、メーカーがあって、プロモーション活動があって・・・。これを全部合わせてスーパーGTなんです。一回見に来たら絶対ハマりますよ!」

「スーパーGTは感情移入がしやすいのも魅力のひとつですね。レース中、フェラーリをプリウスが抜いていくんですよ!ありえます?そんなこと。プリウスに乗っている人からしたら夢物語や!(笑)」

とF1ヲタクでスーパーGT初心者の私でも分かるように、更には笑いも交えながら(笑)スーパーGTの魅力を教えてくれました(^^)

aIMG_6515

そうそう、女性が気になるドライバー事情(外人希望)も教えてもらいましたよ。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています