トヨタが業界初の世界自然保護基金パートナーに!【動画】

トヨタ自動車が、WWF(世界自然保護基金)と生物多様性の保全、脱炭素社会の実現に向けたグローバル・コーポレート・パートナーシップを締結しました。

TOYOTA

自動車業界として世界初、日本企業としても初の取り組みとなるもので、5年間に渡り、「人と自然が調和して生きられる持続可能な社会」の実現を共に目指すそうです。

木材、紙パルプ、パーム油、天然ゴムなどの生産や利用が、東南アジアにおける熱帯林の破壊や絶滅危惧種に対する脅威の主な原因の一つになっているといいます。

TOYOTA

中でも自動車用タイヤの主要原料である天然ゴムは、今後需要が一層拡大することが見込まれており、天然ゴムの持続可能な生産と利用が重要。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。